桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

癒しの現場より②~妊活中の夫の気持ち

babyhand

森三中の大島さん無事に出産されましたね。

鈴木おさむさんのブログには
数ある温かい言葉が綴られて言います。

妊活で一番大切なのは夫婦がお互いを思う気持ちなんだ!
と当たり前の事の大切さを教えてもらえました。
不妊治療中の女性はこのブログを読み
「うちの旦那様も同じように思っているのかしら?」
「うちの旦那様とは大違い!」
色々な思いを馳せているのではないでしょうか?

鈴木おさむさんブログ記事の中で特に私の心に刺さったのはこのフレーズです。

「妻が元気に元気な赤ちゃんを産んでほしいという思いが一番強いのはかわりません。

が。

自分は何を望んでいるのかと考えてみると。

もちろん、お腹の中の子に早く会いたい。
抱きしめたい。

それは強烈にありますが・・・ふと思うと。
妻がお腹の中の子供と出会えて抱きしめる姿を見たいんだなと。

妻が、やっと会えたと、子供を抱きしめる姿。
笑ってる姿。笑って泣いてる姿。
それを見たいんだなと思います。
お腹の中の子供もそれを一番望んでいるはずです。」

多分、男性の多くは同じ思いなのではないでしょうか?
女性とは少し感覚が違うかもしれません。
不妊治療中のご夫婦はそれぞれ
こんな風に思っている方が多いのではないでしょうか?

男性は
「未だ見ぬ子の事よりも、妻が元気で笑っていてくれる毎日の方が大切。
辛いならやめてもいいのに・・・」

逆に女性は
「仮に今どんなに辛くても子供が授かるなら頑張る!
だからあなた(旦那様)も協力してくれるよね!」

私のサロンではメンバー様から色々なご相談を受けたり
時には旦那様の不満も伺ったりもします。

不妊治療中の奥様から旦那様への不満の一番の根底は
不妊治療へのモチベーションの差と
出産に対する思いが自分と一緒であってほしいという願望のズレのような気がしています。

不妊治療への思いが旦那様とかみ合わない日があまりにも続くと
誰も私の気持ちをわかってくれない・・・」
という孤独感に襲われることもありますよね。
でも・・・

そんな悲しい思いが頭から離れなくなった時は一旦深呼吸!
「自分は旦那さんの気持ちを全部理解しているかな?」
そう自問自答してみてください。

意外にお互い様だった!という事に気づくかもりしれませんよ。
そう!旦那様も同じように
誰も私の気持ちをわかってくれない・・・
と思っていらっしゃるかもしれません。

tyu-rip

鈴木おさむさんのように自分の思いを表現してもらえたら
女性としては安心するし、嬉しいですよね~。

でも、それを強要するわけにはいかないし
男性は感情表現が苦手な割りに繊細な方も多いので
見た目以上に色々な事で心を痛めていたりするケースも多いかと思います。

ねむの木の男性メンバー様の中にも不妊治療中の方がいらっしゃいます。

まぁ・・・皆様シャイだしなので、初めてご来店されてしばら~く経ってからポツリと
「うち不妊治療してて・・・」と打ち明けられるケースがほとんどです。

不妊治療中の男性からのエピソードをいくつかご紹介いたします。

・自分自身に不妊の原因が見つかったというA様
「原因が自分で良かったと思ってる。
だって女の人自身が原因があるって、凄くきつい事でしょ?」

・自分自身に不妊の原因が見つかったというB様
「自分が原因なのに治療に通うのは妻だから、
本当に申し訳なくて・・・でも何も言えなくて・・・」

・奥様に不妊の原因がある場合の多くの男性
「子供は出来れば欲しいけど、本当はどっちでもいい。
でも男からはもう止めようとか、もう少し頑張ろうとか言えないよ。」

「奥さんがすごく辛そうな時とかわかるんだけど、
へたに声をかけたら余計に傷つけちゃいそうで何もいえなくなる。」

不妊治療は試練ではなく
夫婦が絆をより深める為のチャンスだと思うのです。

怖がらず自分の思いをパートナーへきちんと伝える勇気をもってみませんか?
相手へ要望を伝える前に、まずは自分の気持ちを伝えてみませんか?

だって妊活はどんな時でも二人で行う事ですし
妊活って本来は楽しい事なんですもの。

妊活は自分の身体を慈しむこと、夫婦の絆を深めること
この二つが基本中の基本!
妊活って素敵な事です。

とても難しく照れくさい事かもしれませんが
それが一番大切な妊活だと思うのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

メルマガ登録

ページ上部へ戻る