桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

「その」ギモン、ドクターがお答えします。 #1 いつエッチしたらいいの? 「今でしょ!」

いつセックスするの?

「その」ギモン、ドクターがお答えします。シリーズは、妊活の基本、セックスに関する疑問を産婦人科クリニック さくら 院長の桜井明弘が、解説していきます。

 

その第1回は、、

 

赤ちゃんが欲しい方たちには、「じゃあ、一体いつエッチしたらいいの?」「しちゃいけない日はあるの?」という疑問がある場合がありますよね。

私は外来で、したい時にはいつでも、夫婦仲がいい方が赤ちゃんが早く来ますよ、とお話しています。 その理由は。。

 

 

いつセックスするの?

 

妊娠しやすい日は、諸説ありますが、排卵日とその前後両日、が最も妊娠率が高いです。

 

排卵の2日前、とか、精子は5日間生きているという理由から5日前以降、とも言われますが、人工授精などで排卵日が確定された治療の妊娠率を見てみると、排卵日を挟んだ3日間、と言えそうです。

もちろん、性交渉と人工授精とでは、体内、卵管内の条件が異なるかも知れませんが。   普段、性交渉は妊娠のためだけに、排卵日を狙って月に1日しかしないカップルも少なくありません。

 

でもなぜ私は「したい時にはいつでも」、「たくさんエッチして下さい」と言うのでしょうか。

 

上にも挙げたように、妊娠が出来る日は、排卵日の前後1日、3日間あります。

そもそも我々がこの日が排卵です、と予想しても、1日ずれるかも知れません。人の身体はそこまで精巧に出来てはいません。

ですから、性交渉をする回数、日数が多いほど、「当たる」確率が高くなる、と言うことです。

 

えー、それって、性交渉の指導としては、ずるくない? すればするほど当たる、って、素人でも分かりますー。

 

そんな声が聞こえてきます。その理由を次のページで解説します。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る