桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

あずきでむくみ解消の小正月

tyu-rip

1月15日は小正月。
お正月気分の〆として「どんど焼き」を行う地方もありますよね。

小正月はあずきがゆを炊いて食べる風習もあります。

あずきはビタミンB1、B2,カリウム、鉄分、食物繊維などを含み

疲労回復やむくみ解消、解毒作用があるというとても優秀な食材。

比較的簡単に扱えるのもうれしいですね。一晩水につけなくてもいいので、

「食べたい!」と思ったときに食べられます。

市販のゆであずきを使えばもっと簡単☆☆

 

日本に伝来したといは「薬」として使われていたという説もあるほど。

二日酔いの民間伝承として小豆のゆで汁がいいと言います。

 

さらに、「赤」は特別な力がある、魔除けの力があるなどということで、

特別な食べ物として扱われてきました。おめでたい席にお赤飯が出るのは

そういう意味もあるのですね。

DSC_3005

簡単にゆでたあずきとお米を炊飯器のおかゆモードで炊けば簡単に小豆がゆができます。

少し本格的にしたければ土鍋を使って。ゆで汁を使うことをお忘れなく。

美しい赤いおかゆで胃も心もほっこりあったか美人に。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香月 よう子

香月 よう子フリーアナウンサー

投稿者プロフィール

番組パーソナリティ、ナレーターの他、中心市街地活性化、町づくり等、省庁主催のシンポジウムのコーディネーター、講演を行う。一方で、「きてきて先生プロジェクト」の代表として、地域を担う人材の教育活動を展開。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る