桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

不妊サポート~癒しの現場より① 

sezyutu

「続けられた事が自信になった。」

長年の不妊治療末、無事にご懐妊されたD様の言葉です。

「それは、妊娠を諦めなくて良かったという事ですか?」
と、伺うと

「諦めないとか・・・、頑張ったとか・・・そういう事ではなく

周りの余計な事に振り回される事なく

自分のスタンスで
淡々と治療やボディケアや生活改善を
続けられる環境を作ってこれた事や

そういった環境にめぐり合えた事が私にとって大きかった。」
そんな風におっしゃっていました。

不妊のサポートをさせて頂き数ヶ月が経った頃

すごく表情が明るく、優しく、目の雰囲気まで柔らかくなったなぁ・・・
と感じたある日のカウンセリングでD様は
こんな事もおっしゃいました。

「諦めたとは違うのだけど
夫婦二人の人生、それもまた一つの人生かな。

いつの日からかそんな風に思うようになったの。

不思議なものでそうしたら、治療も苦痛ではなくなり
夫婦仲も更に良くなり
淡々と・・・
ごく普通に毎日を過ごせるようになった。

ねむの木に来るのも最初はストレス解消や
妊娠する為に何かをしなくちゃ!
という気持ちが大きかったけれど
いつからか、楽しみに変わってた。」

不妊のサポートに限った事ではありませんが
心の持ち方で
表情や身体がこんなにまでも変わるのか!
と感動する事がしばしばあります。

また、トリ-トメントやカウンセリングは
心のありかた、人生の深さをしるきっかけです。

周りに振り回される事はなく自分のスタンスで
淡々と生活する環境を作る。

これは簡単なようで難しい事ですね。

考えるよりも感じることを優先すると
意外とシンプルに暮せるような気がします。

「豊な感受性」
「感じやすい心」

を大切に過ごしたいですね。

皆様達ご夫婦にとって、妊活を楽しく続けられる環境は整っていますか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る