桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

冷える女は不調続き~温め美人への道

wakamatsu01

冷えるこの時期、いくら着込んでもカラダの芯が寒い。そんな時にひそかに人気を集めているのが「優月美人よもぎ温座パット」。

パンツに貼って使用する温めアイテムなんです。

最初は、デリケートゾーンを温めるって!!と驚きましたが、使ってみるとびっくり。

身体全体がぽかぽかするので、寒さを忘れて活動的になれるのです。この商品、もっと詳しく知りたい!!

開発にかかわった株式会社グラフィコの若松里子さんにお聞きしました。

YB4

―――――この商品を作ったきっかけは?

韓国の伝統美容法であるよもぎ蒸しを手軽にできる商品を韓国でみつけ、これはすばらしいとおもいました。

私自身、比較的、激しく働く方だったので(笑)、生活習慣も乱れがちだし、女性特有の悩みも放置していました。

病院に行って薬をもらったり、優雅によもぎ蒸しをしている時間もありません。

でも私を含めてそんな働く女性の味方として忙しくても手軽にできるものを・・・と思ったのです。

ところが、いざ販売してみると、とても苦労しました。今までにない商品だったので、わかってもらえなかったのです。

生理用ナプキンの形状のパットに、よもぎのたっぷり入ったカイロを貼って使うのですが、

一般のお客様はもちろん、お店の方々にも伝わらず、男性のお取引先の方にドン引きされたことも(笑)

オモシロ商品とかキワモノ扱いされたりもしました。。。

 

―――――一 一過性のキャッチ―な商品ではなく、長く女性の味方になるようにととてもこだわって作られているのですよね。

 

そうです。原料は韓国のよもぎの中でも高値で取引される江華島産の無農薬栽培しているよもぎを天日干ししたものです。

残留農薬や重金属の検査もパスしています。実際に生産農家に見に行ったのですが、風通しのいい屋根つきのお部屋に、

よもぎがたくさん干してあって、ていねいに出荷されていました。

 

 

―――――よもぎ温座パットだけでなく、おしり用や足裏用などラインナップが豊富になりましたね。

 

あたためることの良さがお客様にも浸透してきたなと思います。

私自身、坐骨神経痛があるので、女性周期や体調によって不快症状が出るし、腰回りには卵巣や子宮があるのでとても気になります。

どこを温めると気持ちいいだろうかという感覚的なものも含めて、ラインナップを考えました。

おしり用の「おしりのほっぺ」は脂肪が多く冷えがちな部分を温められると好評です。

また、よもぎ温座パットは就寝時には使えないので、寝る時に足を温めてくれる足裏用も出しました。足が冷たくて寝られないという悩みに応えました。

 

―――――今、一番寒い時期ですのでぜひ皆さんに試していただきたいですよね。

 

はい。より多くの人に届くといいなと思っています。普通のカイロではなく、よもぎやドクダミ、ハッカなど古来なじみのある成分を入れました。

よもぎはお灸に使うもぐさの原料で、ぽかぽかが持続します。

薬や医療とは別に手軽に女性の悩みにアプローチするという点では、社会的な意義もあると心から自信を持っておすすめできます。

私も仕事が忙しく、ゆっくり自分のケアに時間をかけられません。

多くの女性は、私と同じような環境で仕事や家事、育児、介護などを行っていると思います。

ぜひ、一度手に取って試して欲しいなと思います。

冷えの原因、自律神経かも?ストレスや不規則な生活にご注意っていう記事はこちら

 

 

取材を終えて

まじめに、真摯に女性のために女性の視線から商品を世の中に送り出している若松さん。素敵な方だなと思いました。

発売当初は、なかなか理解されず、オモシロ商品扱いにされそうだったので、パッケージもネーミングも工夫したそうです。

商品名の「優月美人」とは、月のリズムと縁が深い女性に優しくサポートできるようにと名付けたそうです。

忙しい毎日、そして寒いこの時期 にほんの少しだけ、自分をいたわり、愛してあげましょう☆☆

関連記事はこちら

温活サイトも見てくださいね。

優月美人

 

 

若松里子さん

wakamatsu02

株式会社グラフィコ企画開発部部長

企画開発部にて商品開発などを担当、数々のヒット商品を飛ばす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香月 よう子

香月 よう子フリーアナウンサー

投稿者プロフィール

番組パーソナリティ、ナレーターの他、中心市街地活性化、町づくり等、省庁主催のシンポジウムのコーディネーター、講演を行う。一方で、「きてきて先生プロジェクト」の代表として、地域を担う人材の教育活動を展開。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ

メルマガ登録

ページ上部へ戻る