桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

「リラックスすること」が女性ホルモンにいいのはどうして?

20110921-3

月経トラブルや不妊にストレスは大敵!
リラックスが大切!

誰もが耳にしたことがあるフレーズですよね。
それにはちゃんとした根拠があるのです。

女性ホルモンは子宮や卵巣からピョコン!と発生するものではありません。
脳にある「視床下部」⇒「脳下垂体」そして「卵巣」というメカニズムにより分泌されています。

「ホルモンバランスが乱れている」というのは
「視床下部」「脳下垂体」「卵巣」の器官が上手く働いていない状態です。
ストレスは特に!脳の「視床下部」に大きな影響を与えます。

ストレスを感じるとその視床下部がキャッチし
自律神経のコントロールにまで影響を与えてしまうの事があります。

そしてそのストレスは視床下部⇒脳下垂体⇒卵巣という流れで伝わり
女性ホルモン{卵胞ホルモン(エストロゲン)、黄体ホルモン(プロゲステロン)}が
理想通りに分泌されないと女性特有のトラブルの引き金になるのです。
現代女性はとってもアグレッシブで頑張り屋さんが多く
行動を起こす事はとっても得意な反面

くつろぐ事やゆったりした時間を持つことに罪悪感をもっていたり、
リッラクスの仕方がわからない、
リラックスする事やしている人に嫌悪感を持ってしまう・・・・など
癒し下手、癒され下手の方が多いです。

「身体に良いと言われることは何でもやっているのに、ちっともレディーストラブルが改善されない!」

そんなあなたは、心がいつもキリキリしていませんか?
何でも自分の思い通りにしようとしていませんか?
いつも胸のつまりを感じていませんか?

時間の流れに、ただ・・・ただ・・・身を委ねる
とてもシンプルで単純な事のようですが、現代女性には一番難しい事なのかもしれません。

朗らかに美しく過ごすには深い癒しが必要不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る