桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

改めて知りたい!基礎体温~実は深い、最新情報

c294352ff7d1f13bc15ebe473bb45b2c_s

 

「産婦人科の実際 第67巻第12号」にて、弊社代表 桜井明弘医師が、「基礎体温の読み方―基礎体温の意義、落とし穴を学ぶー」を執筆いたしました。

53264562_2355994281117767_8947537473190232064_n

産婦人科医師向けに書かれている本文を参考に知っているようで知らない

「基礎体温」について改めて考えてみたいと思います。

 

基礎体温は昔からある診断ツールですが、最近わかってきたこともあります。
例えば、「現代女性の基礎体温は1970年代に比して(くらべて)、

最低値が0.32℃低下している可能性が」あるそうです。

 

今まで、「最近女性の体温が下がっている」と言われていましたが、

「都市伝説」の域を出ませんでした。

しかし、きちんとデータとして出てきているのです。

また、低温期の体温が低い人たちに月経異常やPMSが多いという調査もあるそうです。

つまり基礎体温は排卵や妊娠などを知るだけでなく。

低温期の基礎体温から、活動状況や基礎代謝などもわかる可能性があり、

自分のことを知るためにも継続してつけることが必要なのです。
基礎体温をつけることで何がわかるかは、こちらの記事をご覧ください。

 

とはいえ、ある種の薬を飲んでいたり、冷房や暖房などの利用でも影響を受けがちな基礎体温。
決して自分で判断せず、医師と相談しながら、上手に活用していきたいですね。

 

 

基礎体温については以下の記事もチェック♪

ちょっとめんどう。でも「基礎体温」を測るのは美人化女子の基本

基礎体温・・・測るの面倒な人でもここだけは押さえておきたい自分のカラダを知る方法

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
香月 よう子

香月 よう子フリーアナウンサー

投稿者プロフィール

番組パーソナリティ、ナレーターの他、中心市街地活性化、町づくり等、省庁主催のシンポジウムのコーディネーター、講演を行う。一方で、「きてきて先生プロジェクト」の代表として、地域を担う人材の教育活動を展開。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る