桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

あなたの卵巣年齢はいくつ?AMH(抗ミュラー管ホルモン)測定のススメ

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

2015年に生まれた日本人の赤ちゃんは100万8000人で、昨年より4000人増え、5年ぶりに増加したことが、厚生労働省が1日付でまとめた人口動態統計の年間推計で分かりました。

30代前半の出産が増えたそうです。

一般的に、35歳くらいを境に卵巣機能が低下し、妊娠しにくくなると言われます。

その大きな原因は、卵胞が消費され続け、あまりよいとはいえない卵子しか残らない状態になるから。

女性としてこの世に生を受け、思春期を迎えて月経が始まる前も、卵胞はものすごい勢いで消費されています。

この卵子が消費し尽くされた状態、それが閉経なのです。

ただ、この消費のスピードは、非常に個人差が大きいものでもあります。ではその個人差をどうやって見極めたらいいのでしょうか?

そこで注目されているのが、卵巣の予備機能、卵巣年齢を知る検査「AMH(抗ミュラー管ホルモン)」です。

検査方法は簡単。血液検査のみ。

血液検査をすることで、自分の卵巣年齢が何歳くらいなのか知ることができます。

もしあなたが仕事をしている既婚30歳女性で、今子供を作るか、それともあと数年キャリアを積んでから出産を考えるか・・・

と迷っているなら、ぜひ1つの指標として受けてみてください。

 

もし卵巣年齢が25歳なら今は仕事に邁進してもいいかもしれません。

ただ卵巣年齢が40歳と出たなら、出産を優先したほうがいいでしょう。

 

妊娠を希望している人、まだ妊娠を希望していない人、妊活中の人、不妊治療を考えている人・・・、

独身既婚問わず、今後の人生設計を見直すきっかけのためにも、ぜひ。

関連記事はこちら

43956625662a31d6600663661ffa0c93_s

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜井 明弘

桜井 明弘産婦人科クリニックさくら 院長

投稿者プロフィール

2007年4月に横浜市青葉区に産婦人科クリニックさくらを開業、地域の女性のライフサポートを信条とした診療と、体外受精など高度生殖医療も行う不妊治療を柱にしてきました。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る