桜井 明弘 あなたが33歳を過ぎて妊娠できない44の理由

第1回「女性のQOLを考える」研究会を行いました。

11920473_1013657495351459_1305257590_n

8月29日(土)、第1回「女性のQOLを考える」研究会を行いました。

11948230_1013657502018125_992517998_n

11922027_1013657492018126_584606015_n

11920473_1013657495351459_1305257590_n

一般社団法人美人化計画は、「女性のQOLの向上」を理念に掲げ、

またこの理念を多くの方に共有して頂きたい、というMissionがあります。

この研究会では、産婦人科のみならず、内科、整形外科、歯科、薬剤師の先生方にもご参加頂き、各診療科を越えて「女性のQOL」についてディスカッションして頂きました。

 

ディスカッションに先立ち、代表理事の桜井から、

新しい卵巣機能の概念、抗ミュラー管ホルモン(AMH)と妊孕性」

というタイトルで、卵巣機能と妊娠について講演。

またご協賛頂いた、株式会社パートナーズ 代表取締役 細川忠宏様より 「妊活情報洪水時代のサプリメント活用について」ご講演頂きました。

サプリメントの品質にこだわってらっしゃる細川様が、その指摘は鋭く、そして的確で、参加医師から「私、そのダメなサプリ飲んでます。。」という声も聞かれたり。

医師からも大変勉強になった、もっとお話しを伺いたい、という意見を頂戴しました。

 

そしてメインの講演は、産科婦人科舘出張 佐藤病院院長で、

高崎アートクリニックの理事長、代表桜井の私の敬愛する先輩の一人、佐藤雄一先生で、妊娠出産に必要な栄養 最新事情」のタイトルでご講演頂きました。

佐藤先生は多くの妊娠分娩に携わり、また妊娠前の不妊患者さんの治療経験から、

根本的な栄養学的問題点を数多く発信し、効果的な治療実績を上げています。

さらに妊婦の栄養と出生児の体重など、人生のスタートに立ち会う医療ならではの視点は大変幅広く、女性のQOL向上を目指した様々な活動は、美人化計画と基本理念が共通しています。

11938106_1013657488684793_1787600930_n

ご講演の内容も多岐にわたり、5大栄養素、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラル、現代女性の多くが不足し、それが妊娠する力を低下させ、ひいては妊娠後も赤ちゃんに影響している点を様々な実例、ご自身のデータを元に解説して下さいました。

これには内科、産婦人科の先生方からも、知らないことが多かった、とても興味を持った、と多くの声が聴かれました。

 

この研究会の目的は、「女性のQOL向上を考える」をテーマに、診療科を越えた知識の共有、議論することで、この目的が達成されれば良かったと思います。

今回は会場の都合で、多くの先生方にお声がけできなかったのですが、次回以降へつなげ、もっと多くの先生方にご参加頂けるよう、準備をしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
桜井 明弘

桜井 明弘産婦人科クリニックさくら 院長

投稿者プロフィール

2007年4月に横浜市青葉区に産婦人科クリニックさくらを開業、地域の女性のライフサポートを信条とした診療と、体外受精など高度生殖医療も行う不妊治療を柱にしてきました。

この著者の最新の記事

関連記事

アーカイブ




おすすめサプリはこちら↓

メルマガ登録

ページ上部へ戻る